不動産投資には、投資用マンションがよく利用されています

経営を学ぶ

投資物件

男性

投資用マンション

マンション投資には、投資用マンションを利用することが多いでしょう。これは、元々不動産投資を目的としているマンションです。マンションを購入した方が居住するわけではありません。あくまで家賃収入を得るためのマンションです。

価格の決め方

投資物件として有名なマンションですが、基本的に築年数や間取り、設備や建物自体の広さによって価格が評価されています。また、価格に影響を及ぼす要素として、景気が挙げられるでしょう。世界的な景気が影響するのです。

キャピタルゲイン

マンション投資をするなら、押さえて起きたいポイントがあります。まず、キャピタルゲイン方式です。まず、価格が低いマンションを購入します。景気や需要の変動によって売却価格が上昇した際に、マンションを売って利益を上げるのです。

インカムゲイン

インカムゲイン方式は一般的によく利用されている方式でしょう。これは、マンションの部屋を賃貸物件として貸し出すことで、家賃収入を得る方法です。基本的にインカムゲイン方式なら投資初心者の方でも、安定した収入を得ることができるでしょう。

不動産投資Q&A

経費や支出について教えて下さい

基本的に管理費や修繕費用が必要となります。また、固定資産税や都市計画税などの税金を支払わなければなりません。またローンの返済や利払いなども発生するので、家賃収入で賄えるかどうかをチェックすると良いでしょう。

物件選びのコツは?

投資物件を選ぶ時は、需要が高い場所で探すと良いでしょう。基本的に需要が高い場所なら、空室が発生する確率を下げることができるのです。需要があることで価格の定価も防げます。安定した収入が得られるのです。

融資を受ける条件は?

一般的にサラリーマンの方でも融資を受けることができるでしょう。不動産投資物件自体にも担保価値があるからです。マンション投資の場合は、融資が受けやすいのです。安定した給与所得があれば問題ないでしょう。

投資のデメリットは?

不動産投資を始めるにあたっては、初めにまとまったお金を用意する必要があります。一般的に投資ローンを利用することになるでしょう。つまり、ローンを返済する必要があるのです。安定した家賃収入が得られる物件なら、問題なくローンの返済が行なえます。

災害が起こった場合はどうすれば?

まず、火災保険や地震保険に加入すると安心できるでしょう。万が一の災害にも対応してくれます。また、新築のマンションだと耐火性や耐震性に優れているので、大きな被害を受けにくいでしょう。